東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

JRのデスティネーションキャンペーン決定 2020年4〜6月に開催

DC開催発表後に手を合わせる大沢正明知事(中)ら関係者=県庁で

写真

 県とJR東日本高崎支社は29日、JRグループなどによる国内最大規模の観光PR企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」を県内で2020年4〜6月に開催すると発表した。東京五輪・パラリンピックの開催年でもあり、県や観光関係者は「インバウンド(訪日外国人旅行者)を含め、広く国内外に群馬の魅力をアピールしたい」と意気込む。

 DCの県内開催は11年夏以来9年ぶり5回目。春の実施は1981年以来39年ぶりになる。DCはJRグループ6社が自治体や地元の観光関係者らと協力し、現地の観光資源などを集中的に紹介するほか、多彩なイベントを行うなどして集客力を高めるキャンペーン。期間中はJRグループの駅などで観光ポスターが掲示されるほか、テレビ番組などのメディアで積極的に紹介されるなど全国でPR活動が展開される。

 今回は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」と関係が深い埼玉県北部や秩父地域の市町村とも連携する方針。今後、県など行政とJR、観光協会や事業者らで組織する「ググッとぐんま観光宣伝推進協議会」(会長・大沢正明知事)を実施主体に、全国的に売り出す地域の自然や食、歴史文化遺産などの観光資源を選定するなど準備を進める。

 開催1年前の2019年4〜6月にプレDC、同年5月ごろに全国の観光関係者や旅行会社などを集め、観光資源の紹介やモデルコースを視察する全国会議を開く。本番の1年後にもアフターDCとしてキャンペーンを行う。

 大沢知事は「前回は東日本大震災後の大変な時期だったが、行政や関係団体が一丸となって成果を上げ、県民が県に愛着と誇りを持ち、観光が大きな産業として位置付けられたスタートになった」とDCの意義を強調。その上で「新たに世界遺産や世界の記憶の登録もあり、文化面でも魅力が高まっている。豊かな自然で群馬の春を感じてもらうとともに、歴史文化を国内外に発信したい」と期待を込めた。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報