東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

女性の係長以上190人 県人事、過去最多を更新

 県は四月一日付の人事異動を発表した。異動規模は千四百七十五人で前年度と同様に小規模となった。女性管理職(次長以上)を五十八人とし、将来の幹部候補生となる監督職(補佐・係長)にも女性百三十二人を登用。ともに過去最多となる。

 女性職員の登用では介護高齢課長や地域福祉推進室長に起用したほか、伊勢崎土木事務所長に土木技師で初の女性所属長を配置した。

 東日本大震災の被災地支援としては福島県へ五人、宮城県と同県石巻市へ各二人の職員派遣を継続。新たに岩手県にも土木職員一人を送る。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】