東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

富岡市長選 現新の一騎打ち

 いずれも無所属で、通算三期目を目指す現職の岩井賢太郎さん(76)=自民、公明推薦=と、新人で学校法人理事長榎本義法さん(49)が立候補を届け出た。

 岩井さんは市役所前など市内各所で遊説。市長二期八年の実績を強調、「超高齢化社会や少子化をにらみ、しっかりとしたまちづくりを継続して担いたい」と訴えた。第二次総合計画の施策推進を掲げている。

 榎本さんは同市七日市の事務所で出陣式。「市政は停滞している。市長交代で再起動を」などと訴えた。「中高瀬観音山遺跡歴史公園」周辺に計画されている「道の駅」の整備見直しなどを訴える。

 七日現在の有権者数は、四万一千六百四十五人。 (大沢令)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報