東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

志賀草津道路、除雪ほぼ終了 報道陣公開され20日に開通

志賀草津道路の火山灰を洗い流す作業員。奥は噴火した本白根山=草津町で

写真

 草津町と長野県山ノ内町を結ぶ観光ルートで、冬季は閉鎖されている「志賀草津道路」(国道292号)の除雪作業がほぼ終わり、報道陣に十二日公開された。二十日午前十時に開通する。

 草津白根山の本白根山が一月に噴火した際の火山灰が路上に残り、作業員が洗浄機で洗い流す姿も。泥状になった灰が山肌の残雪を覆う光景も見られた。

 同行した草津町の黒岩信忠町長は「噴火の影響を改めて感じたが、開通できることになり、感慨深い」と述べた。

 道路は標高二、一七二メートルの地点を通る日本一高地の国道として知られ、景勝地の火口湖・湯釜への観光や景観を目当てに多くの観光客が利用する。

 噴火後に立ち入り規制範囲に含まれ、開通が危ぶまれていたが、町は三月に火口付近の半径二キロから同一キロに規制範囲を縮小。道路は外れたため例年と同時期の開通が決まった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報