東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

カネコ種苗ぐんまフラワーパーク 新しい直売所が開店

花や農産物が並ぶ直売所=前橋市で

写真

 県がネーミングライツ(命名権)のスポンサーを公募し、今月一日から新しい名称となった「カネコ種苗ぐんまフラワーパーク」(前橋市柏倉町)に、地元産品を販売する直売所が新たに開店した。園内は約十九万本のチューリップが見頃を迎えており、春の行楽客でにぎわいを見せている。 (原田晋也)

 直売所は「ピアちゃんの直売所 ひまわり」。県が正面ゲート前の広場に整備し、七日から営業を始めた。現在はアジサイなどの花の鉢やネギやジャガイモといった野菜が並び、花を見終えた来園者たちがレジ前に列をつくっている。

 指定管理者のぐんまフラワー管理(前橋市)の石橋照夫社長は「設置を要望してきて念願がかなった。売り上げを伸ばし、地元の特産品をPRしていきたい」と意気込んでいる。

 この他、ちびっこ広場に焼き鳥などを販売する軽食店「ファーストフード ポピー」も新たに整備し、二十一日に開業する予定。新たな木製遊具も設置し、子連れの来園者も増やしたい考えだ。

 正面ゲート前の大花壇では、一面にチューリップが咲き誇っている。品種は約五十種類で遅咲きもあり、二週間ほど見頃が続きそうだという。

 埼玉県越生町から写真仲間と訪れた自営業木崎敏子さん(68)は「これだけ一斉に咲いているのはすごい。色とりどりで、写真を撮るには絶好の対象」と熱心にカメラを向けていた。

 入園料大人七百円、中学生以下無料。問い合わせはフラワーパーク=電027(283)8189=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報