東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

参院選での共闘強調 前橋で党県連合が結党大会 立憲民主

結党大会後に車座集会で参加者と対話する枝野代表(中)と長谷川県連合会長(左)ら=前橋市で

写真

 立憲民主党の県組織の党県連合は十五日、前橋市で結党大会を開き、役員体制や活動方針を承認した。党本部の枝野幸男代表も出席し、来年の次期参院選に向け「一人区の群馬選挙区では自民との一騎打ちの構図に持って行く」と、非自民勢力の「共闘」に取り組む考えを強調した。

 枝野代表は次期参院選について「二人区以上は党の独自候補を擁立するが、一人区は自民との一騎打ちの構図にすべく最大限努力する」と方針を説明。群馬選挙区でも「民進や社民党、連合とも相談し、候補を絞って行きたい」と統一候補擁立に取り組む考えを示した。党県連合の長谷川嘉一会長も「オール野党というスタンスで進めて行きたい。今後、他党とも議論していきたい」と語った。

 昨年の衆院選後、混迷が続く民進党からは県総支部会長の黒沢孝行県議が来賓として出席。黒沢県議は「民進と希望の党との合流の流れが出ているので、当面、群馬では県組織同士で『協力』ということになるが、いつかは一緒になれると思う」と、野党再編への思いをにじませた。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報