東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

観光客の安全祈り 滝開き 沼田の国指定天然記念物「吹割の滝」

観光客の安全を祈った神事=沼田市利根町追貝で

写真

 沼田市利根町追貝の国指定天然記念物で名勝の「吹割(ふきわれ)の滝」で18日、春の観光シーズンを前に、滝開きと安全祈願祭があった。

 滝入り口の「龍宮(りゅうぐう)の湯」駐車場で行われた式典には横山公一市長と片品村の梅沢志洋村長、地元の観光業界代表者らが出席。利根町観光協会の小尾孝男会長が「滝は尾瀬から流れてくる雪解け水がごうごうと流れている。今年も多くの観光客にマイナスイオンを浴びて喜んでもらいたい」とあいさつした。

 テープカットの後、小尾会長らが滝の前に移動し、観光客の安全と無事故を祈る神事が行われた。

 吹割の滝は高さ7メートル、幅30メートル余にわたり片品川の川床がV字形に浸食され、まるで大きな岩が吹き割れたように見える観光名所。冬の間、一部通行止めになっていた遊歩道は9日に全面通行可能となった。 (渡辺隆治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報