東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

J3ザスパのホーム試合 前橋の全小学生招待

ザスパとふるさと納税のちらし

写真

 今季からサッカーのJ2からJ3へ降格したザスパクサツ群馬を応援しようと、運営会社と地元の前橋市は共同で、今月中旬から十二月の最終戦までに市内で開催されるホーム全試合に市内の小学校に通う全児童約一万七千二百人を無料招待する事業を始めた。

 特別支援学校を含む児童には、カードタイプの招待券を各校で配布しており、正田醤油(しょうゆ)スタジアム群馬で開催される十三試合を「ホーム自由席」(当日券八百円)のみ無料観戦できる。保護者は有料で、一〜三年生は保護者の同行が必要だが、四〜六年生は児童だけでも入場できる。

 事業は運営会社の草津温泉フットボールクラブが市に提案し、事業に必要な約二百万円のうち市が約八十三万円を、残額を同社が負担。市の負担分はふるさと納税により、昨年度にザスパを指定した寄付金の中から充てる。

 前橋育英高出身のザスパの川岸祐輔選手は「一生懸命プレーすることで、前橋の子どもたちに夢と感動を与えたい」と来場を呼び掛けている。 (菅原洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報