東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

GW 満開ツツジ楽しむ 榛東村・県林業試験場が一般公開

満開のツツジを楽しむ来場者=榛東村の県林業試験場で

写真

 ゴールデン・ウイーク(GW)初日の二十八日、県内は好天に恵まれ、各地の行楽地は家族連れでにぎわった。榛東村新井の県林業試験場では樹木園など敷地内が一般公開され、訪れた市民らが満開のツツジを楽しんだ。

 林業試験場は樹木園に約四百六十種の樹木千三百本があるほか、敷地内に約四十種類のツツジ計千株ほどが植えられている。ツツジは例年四月末から五月にかけて見頃を迎え、GWの休日は一日だけ一般公開している。同村長岡から訪れた吉田良子さん(63)は「地元だけど敷地内に入ったのは初めて。ツツジが見事できれいですね」とにっこり。夫の明芳さん(65)も「天気も良いし、広くて気持ち良い」と話した。

 平日は見学可能で、国友幸夫上席研究員は「ツツジの花はGWで見頃を終えそうだが、新緑もきれいなので来場ください」と話した。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報