東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

遺族ら墓標に手合わせ 「御巣鷹の尾根」登山道開通

御巣鷹の尾根で夫の墓標に手を合わせる谷口さん。左は歌手北川たつやさん=上野村で

写真

 日航ジャンボ機墜落事故の現場となった上野村の「御巣鷹の尾根」の登山道が二十九日、冬の閉山期間を終えて開通した。快晴の下、各地から訪れた遺族や登山者が墓標に手を合わせた。

 夫=当時(40)=を亡くした大阪府箕面市の谷口真知子さん(70)は「いつも見守ってくれて、ありがとう。ここに来るために元気でいようと思う」と墓標に語り掛けた。

 谷口さんは、悲しみから立ち直った自身と息子を題材に歌を制作中。次世代に事故を伝える必要性に触れ「歌をきっかけに事故を知ってもらえれば」と語った。作詞作曲担当の歌手北川たつやさん(32)が同行した。

 兄一家を亡くした栃木県大田原市の橋本毅(たけし)さん(64)は「今日が一年の始まりの日。事故の記憶をつないでいくために、今年は何ができるか考えたい」と静かに話した。

 事故は一九八五年八月十二日、羽田発大阪行き日航123便ボーイング747が御巣鷹の尾根に墜落し、乗客乗員五百二十四人のうち五百二十人が死亡した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報