東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

前橋市とヤマト運輸関係会社 宅配便ロッカー設置

前橋市役所の庁舎に隣接して設置された宅配便ロッカー

写真

 前橋市とヤマト運輸の関係会社は共同で、二十四時間受け取りができる宅配便ロッカーを、市役所本庁舎と近くの前橋プラザ元気21の建物外に隣接して設置した。使用料は無料だが、ヤマトの無料会員に登録する必要がある。

 関係会社は「パックシティジャパン」(東京)で、同社が県内の公共施設に宅配便ロッカーを設けるのは初めて。

 ロッカーはそれぞれ四十の区画があり、三辺の合計が一メートルの荷物まで入る。ヤマトのホームページで会員登録すると、荷物の再配達がある際にメールが届き、指定するロッカーや開けるためのパスワードなどを手続きする仕組み。佐川急便なども使えるように検討しているという。

 ヤマトは、従業員不足やインターネット通販の増加などで、再配達への対応に頭を悩ませており、パックシティジャパン側から市へ設置を提案。市は市民の利便性を向上させようと、同社にロッカーの電気代を含め有料で設置場所を提供した。 (菅原洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報