東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

万座・草津地域 自然の魅力体験 あす嬬恋に「しぜん情報館」

12日にオープンする万座しぜん情報館

写真

 群馬、長野、新潟三県にまたがる上信越高原国立公園内の万座地域で、環境省が自然環境の情報発信拠点として整備していた「万座しぜん情報館」(嬬恋村干俣)が十二日にオープンする。草津・万座地域の火山や温泉、高山植物など動植物を紹介する展示スペース、企画展や講演会などに活用できる多目的ホールを備える。自然観察ツアーなどのイベントも企画して自然の魅力を体験してもらう。

 施設は展示コーナーや多目的ホールなどからなるインフォメーションセンター棟が木造平屋三百二十八平方メートル。観光案内窓口やバス乗降客に利用してもらうバス待合所兼休憩ライブラリーも設けた。展示コーナーでは四季の生物を紹介するほか、草津・万座地域の火山のジオラマ、周辺の散策案内もある。

 鉄筋コンクリート造の屋外展望テラスも併設。万座地域の名物で、温泉ガスの混ざった水蒸気が噴き出す「空吹き」を見学できる。

万座地域の火山を紹介するジオラマ=いずれも嬬恋村で、環境省提供

写真

 環境省が二〇一六年度に着工し、工事費は計二億三千万円。一七年十二月に同省や県、地元の町村や観光協会で運営協議会を組織して、開館準備を進めていた。

 年間を通じて季節に合わせた企画展や自然観察ガイドツアーを予定しており、環境省信越自然環境事務所は「万座地域の魅力を広く発信していきたい」としている。

  (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】