東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

民生委員・児童委員に理解深めて 安中、茂木市長に委嘱 高齢者サロン訪問

サロン利用者とともに筋トレする茂木市長(中央奥)=安中市で

写真

 五月十二日の「民生委員・児童委員の日」に合わせ、安中市とみなかみ町で委員の活動を知り、理解を深めてもらおうという行事が行われた。委員らは住民から心配ごとや困りごとの相談を受け、解決のために関係機関による支援への「つなぎ役」となる地域福祉の担い手としての立場をPRした。

 安中市民生委員児童委員協議会は十五日、同市の茂木英子市長に一日委員を委嘱。茂木市長は子育て支援センターや公民館などでの高齢者サロンを「友愛訪問」した。

 日ごろ、委員らは各地区で高齢者サロンを開いている。

 市役所で中島正同協議会長から一日委員の委嘱状とタスキ、四ツ葉のクローバーに双葉で平和のシンボルのハトを模したバッジを受け取った茂木市長は、同市松井田町の公民館三カ所と同センターの四カ所を回った。高齢者サロンで行われている介護予防筋トレに参加したほか、委員と懇談し、委員の地域活動について意見交換した。 (樋口聡)

買い物客と笑顔で言葉を交わす民生委員=みなかみ町で

写真

◆みなかみ スーパーでキャンペーン

 みなかみ町民生委員児童委員協議会は十二、十三両日、町内四カ所のスーパーマーケットの店頭でキャンペーンを行った。

 委員の活動内容を伝えるPRカード入りのティッシュペーパー千個と、子ども向けに風船を用意し、「民生委員は、あなたの身近な相談相手」と買い物客らに声を掛けながら配った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報