東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

グーグルマップで経路検索 前橋のバス会社 県内初、今月から

グーグルマップで検索できるようになった永井運輸の路線バス=前橋市のJR前橋駅前で

写真

 前橋市を中心に路線バスを運行する「永井運輸」(前橋市)のバス情報が今月から、インターネットの無料地図検索サービス「グーグルマップ」で検索できるようになった。県内のバス路線がグーグルマップに対応したのは初めて。県も県内の全路線バス情報を統一様式で公開(オープンデータ化)する事業を進めており、年度内にはグーグルマップなど検索サービスに反映できるようにする。県内全域の路線バス情報のオープンデータ化は全国初の試みという。 (石井宏昌)

 永井運輸はこれまで紙媒体や自社ホームページ、ネットの交通情報検索サービス事業者のサイトで時刻表や路線情報を提供していた。今回、国土交通省が公表し、国際的な標準規格と互換性がある仕様に沿って情報システムを構築し、米国IT大手グーグルと連携した。

 グーグルマップに対応したことで、ネットの地図に出発地と目的地を入力するだけで、利用するバスの経路や時刻、運賃などを把握できる。グーグルマップは世界的に広く利用され、多言語対応のため、訪日外国人旅行者(インバウンド)にも活用してもらう。

 取り組みのきっかけは県との連携。県は公共交通の促進を目的に、県内全域の路線バス情報をオープンデータ化し、民間の検索サービス事業者などに広く利用してもらうことを検討。バス事業者や市町村などと連携する中で、永井運輸が先行した。

 県は本年度、事業費約六千百万円をかけて県内約三十事業者の路線バスの系統や時刻表、停留所の位置などの情報を国交省の様式に沿ってオープンデータ化し年度内に公開予定。県交通政策課の担当者は「ネットの乗り換え案内などに対応している路線バスは県内では限られている。オープンデータをグーグルやアップルなど大手地図情報や検索事業者に活用してもらい、路線バスの利便性を高めたい」と期待する。永井運輸の担当者は「今後も県と協力していきたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報