東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

伊勢崎・利根川で島村渡船フェスタ 県内外から大勢の来場者

島村渡船による利根川遊覧=伊勢崎市で

写真

 伊勢崎市境島村の利根川の河川敷などで「島村渡船フェスタ」が20日、開かれた。

 渡船は、利根川の流れにより南北に分断された境島村地区の両岸を結ぶため江戸中期に始まったと伝えられている。島村渡船は9人乗り。同地区を結ぶ市道扱いのため、渡船の運賃は無料。1990年11月からはエンジン付きの動力船になった。

 フェスタは23回目。五月晴れの下、県内外から大勢の来場者が訪れた。

 渡船での利根川遊覧やアユの放流、魚のつかみ取りなどの多彩な催しを楽しんだ。自衛隊が水害時などの救助用に使うボートに乗るイベントもあった。東京から親戚の家に遊びに来たという小学生の女の子は「川の風が気持ちよかった」と話し、うれしそうに母親のカメラにポーズを取っていた。 (粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報