東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

「日本一難しい」高崎学検定PR 市内の書店などでガイドブック発売

写真

 高崎市はご当地検定「高崎学検定」を市内外にPRしようと、ガイドブック「高崎学I 高崎のなりたちとその正体」を発刊し、市内書店などで発売している。

 A5判、百十七ページ。「誰が高崎をつくったか?」「要衝の地が繁栄を築く」「県庁に逃げられたが陸(おか)蒸気が来た」「軍隊のまち 高崎」「古代東国の雄から戦国乱世の時代」の五章で構成。写真やイラストを豊富に使い、旧石器時代から近代までの歴史を解説。高崎学の入門書として分かりやすく編集されている。

 検定は「日本一難しい検定」をうたい、二〇一三年度から年一回実施。過去五回で延べ五百四十人が難問に挑戦している。毎回、成績上位三人ほどが「博士」に認定され、十七人の博士が誕生した。千部発行で、定価は五百円(税込み)。市によると、売れ行きは好調で増刷も検討しているという。問い合わせは、市民活動センター・ソシアス=電027(329)7114=へ。 (大沢令)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報