東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

ペンションで稽古の和太鼓集団  迫力のばちさばき 地元住民らを魅了

太鼓演奏をする風だまり=安中市で

写真

 安中市松井田町の細野ふるさとセンターで三日、「第八回風だまり和の音一座コンサート」が開かれた。プロ和楽器集団「太鼓笑人(しょうにん)めでたい」を率いる関根まことさん主宰で和太鼓と三味線を教える「和の音スタジオめでたい」内の和太鼓チーム「風だまり」のコンサートで、訪れた地元住民らを迫力ある太鼓演奏で魅了した。

 関根さんは、コンサートでの演奏や、海外でも太鼓演奏をしている。東京都内に太鼓指導の拠点を置き、オーストラリア・タスマニア州の和太鼓チーム「太鼓虎夢(どらむ)」の太鼓指導や自身の楽曲を提供している。

 風だまりは「心と体に響く演奏をするために豊かな自然の中で太鼓をたたきたい」と、毎年同町の「バリアフリーペンション まついだ森の家」で合宿。稽古の様子を公開していたが、合宿の成果を地元の人たちに楽しんでもらおうと森の家との共催で無料でコンサートを開いている。

 この日のコンサートでは太鼓笑人めでたいのプロ演奏家二人も加わり、関根さんの楽曲約三十曲が演奏された。来場者にメンバーが太鼓の演奏を指導する場面もあり、来場者はメンバーのばちさばきの見事さに感心しきりの様子だった。 (樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報