東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

みなかみ町長セクハラ問題 共産町議の辞職願受理 不信任案に反対

 みなかみ町議会の小野章一議長は七日、共産党の林誠行町議(68)から出されていた議員辞職願を正式に受理し、同日付で辞職が決まった。同議会(定数一八)は欠員一になった。

 林氏は前田善成町長(50)が女性にセクハラしたとされる問題を巡り、五日の町議会で採決された町長不信任決議案に党の方針に反して反対し、党地区委員会から引責辞職を求められ、六日に辞職願を提出していた。

 不信任決議案の成立には地方自治法の規定で三分の二以上の議員が出席し、その四分の三以上の賛成が条件となる。五日の採決では十四人以上の賛成が必要だった。議長も加わった採決では十八人中十二人が賛成したが規定を超えず否決された。林氏とともに別の共産党町議一人も反対した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報