東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

出生数1万3279人、過去最少更新 死亡最多で進む自然減

 県内で二〇一七年に生まれた子どもの数は一万三千二百七十九人で、一九四八年の調査開始以来、過去最少を更新したことが厚生労働省の人口動態統計概況(概数)で分かった。死亡数は戦後最多を記録、出生数から死亡数を引いた減少幅は九千三百六人と過去最大になり、自然減が進んでいる。 (石井宏昌)

 出生数は前年より三百八十二人減。人口千人当たりの出生数を示す「出生率」は六・九で過去最少となった。女性一人が一生のうちに産む子どもの数を推定する「合計特殊出生率」は一・四七で、前年から〇・一ポイント減ったが、全国平均の一・四三を上回った。県内の合計特殊出生率は二〇〇四年に一・三五と過去最少を記録し、その後、わずかに回復したが、今回、二年連続で減少した。

 死亡数は前年比四百六十人増の二万二千五百八十五人。自然減の幅は前年より八百四十二人広がった。

 出生率を市町村別にみると、トップは吉岡町の九・六。高崎市八・一、伊勢崎市七・八と続いた。逆に低いのは神流町〇・六、南牧村一・一、下仁田町二・六の順だった。

 少子化対策に取り組む県こども政策課の担当者は「県総合計画では一九年に出生数一万四千五百人を目標に掲げる。厳しい状況だが引き続き、結婚、出産、子育てなどライフステージに合わせ、きめ細かい支援をして行きたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報