東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

点描に近い表現で大自然を油彩で描く 太田で馬込次雄展

連作「宙」と馬込さん=太田市で

写真

 太田市のギャラリーかなやまで「馬込次雄展」が開かれている。十七日まで。

 馬込さん(68)は点描に近い表現で大自然を油彩で描く同市在住の画家。

 「光と空気の融合の世界を求めて二十年あまり。(平面的な)二次元からより深みのある三次元の世界に足を踏み入れてしまいました」と、ひときわ目を引く連作「宙(そら)」の前で話してくれた。じっと見ていると吸い込まれそうな画面の奥の奥に漆黒の無限の闇が見えたような気がした。

 余分なものは描かないという手法は「若い時に見た安土桃山時代の絵師、長谷川等伯の『松林図屏風(びょうぶ)』からの影響かもしれない」とも教えてくれた。

 ほかに「富士山来光」「雲海の五竜岳」など近作三十点が展示されている。入場無料。午前十時〜午後六時まで。問い合わせは同所=電0276(46)8008=へ。 (粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報