東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

「磯部簗」がオープン 安中・アユ料理店 女性ら旬の味に舌鼓

焼きたてのアユを味わう市観光キャンペーンレディーら=安中市で

写真

 安中市の磯部温泉碓氷川河畔で、夏の涼と旬の味が楽しめる、アユ料理店「磯部簗(やな)」が十日、オープンした。九日には、市観光キャンペーンレディーによる簗場でのアユのつかみ取りなどオープンセレモニーが行われた。

 磯部簗は、同温泉の観光施設として一九六四年に始められた。現在は同市観光機構が、経営の効率化や観光資源としての効果的な運用を図るため市内の飲食業者に委託して営業している。今年は昨年(約二千百万円)を上回る二千二百万円の売り上げを目指す。

 メニューは、アユのコース料理が昨年と同じ「梅」三千円〜松を四千三百円で提供するほか、アユとそばのセット、アユの刺し身と地野菜のおけ盛りもある。

 同機構の武井宏理事長は「地産地食を掲げ、大勢の来場者に地元の食材とともに旬のアユを食べてもらうことで地域観光を盛り上げていきたい」と話す。

 営業期間は九月末まで(休日なし)。営業時間は、平日午前十一時〜午後五時まで(土日祝日は午後六時まで、お盆期間の八月十三〜同十六日は同九時まで)。問い合わせは、磯部簗=電027(385)6959=へ。 (樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報