東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<志尾睦子のそふとフォーカス> (19)玉手箱を開ける

センスがいい!と思わずうなってしまった選書3冊

写真

 札幌の「いわた書店」さんが始めた一万円選書がとても人気を呼んでいると聞いたのはいつのことだったろう。一万円選書とは文字通り、総額が約一万円になるように、依頼人にオススメの本を選んで届けるというサービスで、それが日本全国から注文が殺到しているというものだった。その話題を知った時は確か五百人待ち、ということだったので、自分にその出番はないなと私はすぐに諦めたけれど、その仕組みの素晴らしさに感動を覚えた。

 趣味嗜好(しこう)などを書き込むカルテがあり、それを出していただいた上で、店主の岩田徹さんが依頼人の顔を思い浮かべ、多角的にオススメ本を選んでいくそうだ。選書する店主は、きっと相当頭を悩ませながら、でもとても楽しみながら選んでいるに違いないし、このサービスが人気を集めているということはその選書が利用者から高く評価を受けているということだ。本が好きで何かを読みたいけれど、忙しくて本屋に足を運べないとか、何を読んでいいかわからないという人のために始めたサービスのようだが、受け取る側はそもそもの本好きなわけだから、包みを開けるときのワクワク感は相当高いわけで、玉手箱を手にした気分になるのだろうなと思っていた。

 さて。いわた書店さんとのご縁はまだ結べていないが、その気分を私はこの度思わぬところで味わうことができた。実は褒められた話ではないのだが、ある専門書を注文した本屋さんに振り込みで支払いをしたところ、どういうわけか二重振り込みをしてしまったことがわかった。返金をしてもらおうとも思ったが、そうだと思いついて、その金額で本を買わせてほしいとお願いをしてみた。取引先は、「確かに返金も御社に手数料がかかってしまうから、それが良いですね」と受けてくれた。何がいいですかと問われたので、すかさず何か良きものを見繕っていただけませんかと重ねてお願いをしてみた。

 数日待って、本が届いた。玉手箱を開ける気分でもうワクワクしていた。開けた途端のあの喜びは本当に他に代え難いものだ。映画関係の本を見繕ってくれたのだけれど、これがまた素晴らしいラインアップだった。事務所の片隅にある小さな図書コーナーに三冊が追加された。もちろん最初に読むのは私だ。翌日から休憩時間の楽しみが増えたのは言うまでもない。 (シネマテークたかさき総支配人)

    ◇

 第1、3、5日曜日に掲載します。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報