東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

SL乗ってトレカをゲット 来月からJR上越・信越本線で

普段は公開されないSL定期点検の写真をデザインしたトレカ(JR東日本高崎支社提供)

写真

 JR東日本高崎支社は上越線と信越本線で運行している蒸気機関車(SL)の乗客に七月から、SLの雄姿などをデザインした「SL GUNMA(ぐんま)トレーディングカード」をプレゼントする。県などと行う大型観光企画「ググっとぐんま観光キャンペーン」に合わせた試みで、SLや鉄道のファンらにアピールして乗客増を図り、地域の観光誘客につなげる。 (石井宏昌)

 トレカは、四季折々の沿線地域を疾走するSLの姿やレトロな雰囲気の旧型客車の車内のほか、普段は見ることができない整備中のSLや細部のアップ、工具など珍しい写真をあしらった計三十二種類。特殊加工を施した「レアカード」も二種類ある。

 裏面には、高崎支社の所有するSL「D51形498号機」「C61形20号機」をモチーフとした動輪のデザインが描かれている。大きさは縦五・九センチ、横八・六センチ。

春の信越本線を走るSLのトレカ(JR東日本高崎支社提供)

写真

 高崎支社は土日曜を中心にSLを運行しており、トレカは上越線(高崎−水上駅)と信越本線(高崎−横川駅)の下りの車内で、乗車券と座席指定券を持つ乗客に配布する。

 トレカは黒色のビニール袋に個別包装されて中身が見えず、デザインは選べない。高崎支社の広報担当者は「カードを集める楽しさもあるので、何回も乗車してほしい」とPRする。

 プレゼント期間は来年二月までだが、好評の場合は第二弾も検討するという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報