東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

道の駅おおたで「麦とろフェス」 ヤマトイモ食品PR

ヤマトイモの早ずりに挑戦する参加者と応援する人たち=太田市で

写真

 ヤマトイモの生産が盛んな太田市で十七日、「麦とろフェスティバル」が道の駅おおたで開かれた。「麦とろの日(六月十六日)」にちなみ、ヤマトイモを使った料理や加工食品などをPRするのがねらい。

 ヤマトイモの磯辺揚げ、かき揚げ、ジャム、ケーキなどの試食会や、「とろろ」の語呂に合わせ麦飯にとろろをかけて重さが百六十六グラムになるのを目指して競い合うゲーム「麦とろご飯メカタでドン」などまさにヤマトイモづくし。

 なかでもカラオケマイクほどのヤマトイモをすり鉢ですり下ろす早さを競う「やまといも早ずりトーナメント」には三十人が参加し熱戦を繰り広げた。

 顔を紅潮させイモが折れるほど力を入れる人や、立ち上がってすり鉢を左手に抱え、すりこぎを右手で握り、両手を力強く逆回転させる人などさまざまなパフォーマンスに見物客から笑い声が起きた。

 仲良く並んですり下ろした四十代の夫婦は「父の日の良い記念になりました」「女房の大変さがわかりました」と笑顔で顔を見合わせていた。 (粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報