東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

ヘメロカリス見頃 伊勢崎・ヒロコドリームガーデン

写真

 伊勢崎市境上矢島の「ヒロコドリームガーデン」で、10万株のヘメロカリスが見頃を迎えている。大勢の人が訪れ、花弁の多彩な色や形を楽しんでいる。

 同ガーデンは同所に住む金井尋子(ひろこ)さん(72)が、約3000平方メートルの所有地を利用して、12年前から開いているヘメロカリスの庭園。花が咲く毎年この時期にだけオープンする。金井さんは15年前に魅了されて以来、米国から苗を個人輸入して育て、現在は1500種類にまでなった。

 ヘメロカリスは、尾瀬に群生していることで有名なニッコウキスゲの仲間。日本から米国に渡って盛んに品種改良された。別名は「デイリリー」で、朝に開いた花が夕方にはしぼんでしまうが「そこが長所でもある」と金井さん。つぼみが次々と咲いていくので、強い雨や風にさらされても翌日には、また美しい花が楽しめるという。

 金井さんは「日本ではあまり見られない最先端の花が見られる」と来場を呼び掛けている。

 7月15日まで。午前9時〜午後4時開園、入園無料。問い合わせは同ガーデン=電0270(76)5666=へ。 (原田晋也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報