東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

免許返納者運賃割引 居住地、年齢制限せず わ鉄半額

免許返納を呼び掛けるマスコット「わ鉄のわっしー」のイラスト

写真

 高齢ドライバーによる重大な交通事故が相次ぎ社会問題化する中、わたらせ渓谷鉄道(わ鉄、みどり市)は七月一日から、運転免許証を自主返納した全ての人を対象に運賃を半額にする。わ鉄は「自主返納制度に協賛した運賃割引は他にも例があるが、全国が対象で年齢制限なしの取り組みはまれではないか」としている。

 わ鉄は、桐生市、みどり市、栃木県日光市のいずれかに住む運転免許証を自主返納した六十五歳以上の高齢者を対象に、二〇一三年から運賃を半額にしてきた。今回、居住地と年齢の制限を撤廃することでさらなる返納を促すとともに、わ鉄に乗ったことがない県外からの利用客増加を狙う。

 現行制度の年間の延べ利用者は最大でも約三百五十人で、対象拡大で乗客が増えることはあっても、減収になることはないと判断したという。わ鉄の樺沢豊社長は「多くの人にこういう取り組みを知ってもらい、公共交通を見直すきっかけにもなればいい」と話している。

 降車時に運転士か車掌に運転経歴証明書を提示して利用する。トロッコ列車に乗る際に必要な整理券(大人五百十円)は割引対象外。他の割引制度との併用はできない。

 県内では、上毛電鉄と上信電鉄も沿線自治体に住む六十五歳以上の自主返納者の運賃を半額にしている。

 問い合わせは、わたらせ渓谷鉄道=電0277(73)2110=へ。 (原田晋也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報