東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

手数料の一部 安中市に寄付 ぐんぎん地方創生私募債

目録を手渡す相川会長(左から3人目)ら=安中市で

写真

 群馬銀行が利用企業とともに発行手数料の一部を地方自治体などに寄付や寄贈をする「ぐんぎん地方創生私募債」で、前橋市問屋町の管更生工事業「相川管理」(相川宇三郎社長)と同行が、同社支店のある安中市のインフラ整備のためにと20万円を寄付した。

 地方創生の取り組みを支援する同私募債は、発行企業が寄付や寄贈先を指定できる。同社と同行は前橋市にも20万円を寄贈している。同行の小林哲本店営業部長とともに市役所を訪れた、安中市民でもある同社の相川重幸会長は「人もインフラも大事。地元の安中、県内に尽くしていきたい」と話し、茂木英子市長に目録を手渡した。茂木市長は「インフラ整備も老朽化が課題で財源を生み出すのに頭を悩ませている。心より感謝します」と述べた。 (樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報