東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

17年分報告書 知事の総所得2411万円 県議は平均1421万円に

写真

 大沢正明知事と県議の二〇一七年分の所得と関連会社、資産等補充報告書が二日、県条例に基づいて公開された。報告書によると、大沢正明知事の所得は総額二千四百十一万円、県議の平均は約千四百二十一万円になった。 (石井宏昌)

 大沢知事は知事給与と地元の太田市で経営する会社の役員報酬を合わせた給与所得のほか、不動産所得と株式等の利子・配当所得があった。

 報告書の対象となる県議は昨年一年間在職し、今年四月一日現在で現職の四十五人。最も所得が多かったのは南波和憲議員(自民)で、議員報酬と関連会社などの報酬で給与所得が二千七十九万円、土地賃貸収入による不動産所得が二百二十一万円、配当所得九十五万円などがあった。二番目は萩原渉議員(自民)で地元・草津町の温泉配湯会社の役員報酬や温泉売り上げ、土地の貸し付けなどを報告。三番目は星野寛議員(自民)だった。所得二千万円超はこの三議員で、いずれも最大会派の自民党所属だった。

 新たに資産を取得した場合の資産等補充報告書は県議九人が報告。不動産の相続や預貯金、借入金、乗用車などがあった。

 各報告書は、知事分が県総務部総務課で、県議は議会事務局総務課で閲覧できる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報