東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

県立図書館がビデオテープ貸し出し終了 劣化激しく来月末で

県立図書館

写真

 県立図書館(前橋市)は資料として所蔵するビデオテープについて、劣化を理由に貸し出しを8月31日で終了することを決めた。

 VHS方式、ベータ方式の計5397本のビデオテープを所蔵している。ビデオテープは1980年から2004年までに購入したり寄贈を受けた。

 担当者は「磁気テープという性質上、劣化が激しくそれにより再生機器を損傷させるおそれがある」と貸し出しを終了する理由を説明する。

 さまざまなジャンルがあるが、「天蚕麗しき緑の繭」「伊勢崎の養蚕」など本県らしく養蚕をテーマにした作品もある。

 デジタル機器の普及もあり、近年の貸出数は減っていたが1950〜60年代の映画などを中心に貸し出しの利用があったという。

 同館ではDVDの所蔵を進める一方、著作権について問題のないビデオテープのDVD化を進めている。 (竹島勇)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報