東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<夏の高校野球>64チーム熱戦火ぶた 甲子園目指し堂々行進

宣誓する利根実業の加藤主将=前橋市で

写真

 第100回全国高校野球選手権記念群馬大会が七日、開幕し、1枚の甲子園への切符を争う熱戦の火ぶたが切られた。前橋市の上毛新聞敷島球場で開会式があり、小雨がちらつく中、67校64チームの球児たちが引き締まった表情でグラウンドを踏み締めた。 (原田晋也)

 式典では前回大会優勝の前橋育英の北原翔主将(三年)が優勝旗を返還。大会が100回を迎える記念に新調された深紅の新優勝旗が披露された。

 選手宣誓は利根実業の加藤琉也主将(三年)。「本大会は100回記念で平成最後という節目の大会」と前置きし「この記念すべき大会に参加できる私たちの使命は、高校野球の魅力を未来の球児や200万人の県民に発信することにある。私たちの姿で、野球に魅力を感じ、野球に関わりたいと思える人を一人でも増やすことが、私たちの高校野球への恩返しだ」と声を張り上げた。

 少年野球チームを代表し、今年の全日本学童軟式野球大会県大会で優勝した三郷小イーグルス(伊勢崎市)の渡辺陸斗主将(六年)が「最後の一球、一瞬まで仲間と野球を楽しみ、最高のプレーができるよう心より応援しています」とメッセージを送った。

 今大会は四ツ葉学園と玉村、榛名と富岡実、下仁田と板倉の6校が部員不足によりそれぞれ連合チームで出場。長野原は不参加。

 試合は上毛新聞敷島、高崎城南、桐生の3球場で行われる。決勝は上毛新聞敷島球場で二十五日午前十時からの予定。

 七日は2球場で4試合が行われた。開会式後の開幕戦は、利根商が西邑楽に6−3で勝利。七回に利根商が打者一巡の猛攻で一挙に5点を奪い逆転した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報