東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

前橋のスーパーで副店長刺され重体 75歳男逮捕「店に恨み」

従業員2人が刺され、重軽傷を負ったスーパー=10日午後0時30分、前橋市で

写真

 十日正午ごろ、前橋市岩神町二の「ベイシア スーパーマーケット前橋岩神店」で店員が男に刺されたと一一〇番があった。県警によると刺されたのは二人で、副店長の内野俊さん(33)=同市国領町一=が胸や腹を刺されて重体、パート従業員の女性(44)は軽傷だった。

 県警は殺人未遂と銃刀法違反容疑で同市下小出町二、無職泉谷寿昭容疑者(75)を現行犯逮捕した。調べに対して容疑を認め「ベイシアに恨みがあった」と供述しているという。

 逮捕容疑は十日正午ごろ、スーパー店内で内野さんの胸などを包丁(刃渡り約十六センチ)で刺し、殺害しようとしたとされる。女性に対する殺人未遂容疑でも調べる。

 県警によると、泉谷容疑者は十日午前に入店後、商品を陳列していた女性の腰などを突然刺し、レジ付近で内野さんも刺した。

 泉谷容疑者は内野さんを追い掛けて店外に出たが、駆け付けた警察官が拳銃を構え、制止しようとしたところ、両手に持っていた包丁を手放した。泉谷容疑者は包丁を二本持っていたという。

 買い物客の男性(61)は「店の入り口で男が両手に刃物を持って立っていた。女性が倒れていて、男を制止している男性がいた」と話した。現場は前橋市中心部の群馬県庁から北西に約一・二キロ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報