東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

伊勢崎市、食品ロス削減へ協力店募集

店に掲示してもらうステッカー

写真

 まだ食べられる食品が捨てられてしまう「食品ロス」を減らそうと、伊勢崎市は「食品ロス削減協力店」の募集を始めた。市内の飲食店と宿泊施設が対象で、協力店に登録されるとイメージ向上や市ホームページでの店の情報発信などのメリットがあるという。 (原田晋也)

 協力店の認定基準は、小盛りやハーフサイズメニューを設定している、消費者の要望に応じた量の調整をしている、ポスターなどによる啓発をしているなど、食品ロス削減に向けた取り組みを一項目以上実施していること。協力店には市のステッカーやポスターを店内外に掲示してもらう。

 県内では、前橋市と高崎市が既に同様の取り組みをしている。県も、県内全域を対象に同様の「ぐんまちゃんの食べきり協力店」を募集中で、伊勢崎市に申請すると県の協力店にも同時に申請できる。

 一次募集は十月一日まで。問い合わせは市環境政策課=電0270(27)2732=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報