東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

ピンク色のハスの花 一服の涼 太田

「おはよう」とハスの花を眺めながら登校する小学生たちに声をかける安田さん(左端)=太田市で

写真

 安田久作さん(75)=太田市富沢町=が自宅脇で育てているハスの花は地域の名物だ。「大きくなり過ぎちゃったかなあ」と安田さん。2メートルを超える背丈のものもある。「かわいくてついつい肥料をやり過ぎちゃうんだよね」と笑う。

 楚々(そそ)としたピンク色の花は勢いを増してきた夏本番に一服の涼を与えてくれる。「うわーきれい。(カメラ機能のある)携帯を持ってくればよかった」とたまたま通りがかった女性が残念がった。

 花は短命だ。午前5時ごろ開き午前11時ごろには閉じてしまう。閉じずに咲いているものは翌日には散ってしまうという。咲くのは3日ほどというはかなささが、見る人の気持ちをより惹(ひ)きつけるのかもしれない。

 花は今月いっぱいは楽しめそうという。所在地は市立太田南中学校西隣。安田さんは「自由に観賞してほしい」と言う。問い合わせは安田さん=電0276(38)5406=へ。 (粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報