東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

オリジナルかき氷で“酷暑”吹っ飛ばそう! 21日にイベント初開催

写真

 オリジナルかき氷で暑さを吹っ飛ばそう−。みなかみ町の「道の駅たくみの里」で二十一日、「たくみの里かき氷イベント」が初開催される。

 たくみの里でイチゴ味のかき氷を出していた「いちごの家」の代表者が他の店舗に地元野菜やフルーツを使ったかき氷ソース作りを提案し、レシピを指導した。今季から計五店舗でそば味、トマト味、桑の葉茶味、ブルーベリー味など店ごとに個性的な味わいのかき氷=写真=の提供を始めた(九月中旬まで)。

 かき氷作りやさまざまな味を楽しんでもらおうと五店舗でつくる実行委員会が主催してイベントを開催することになったという。

 イベントは豊楽館広場で午前十時〜午後三時。担当者は「かき氷機でオリジナルのかき氷作りを体験できます」と話す。各店舗のかき氷ソースが使える。かき氷はスタッフに作ってもらうこともできる。一杯五百〜六百円。 (竹島勇)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報