東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

家族連れが木工教室 小根山森林公園研修館で

木片を使って工作する家族=安中市で

写真

 安中市松井田町横川の「小根山森林公園・野鳥の森」の研修館で二十二日、園内の立ち枯れや倒木、伐採した雑木の木片や草木の実などを使った「木工教室」があった。同館職員らがさまざまな形にカットした木片などを用意。参加した家族連れが木片を自由に組み合わせ、思い思いの木工作を楽しんだ。

 昨年も家族で訪れたという高崎市の小学五年吉田愛さん(11)は「図工の宿題で写真立てを作っているけど難しい」と話し、制作に取り組んでいた。

 教室は八月二十六日までの毎日曜日の午前に開かれる。参加費無料で予約不要、作業用の軍手のみ持参する。担当者は「材料はたくさんあるので、涼しい森林の中で工作を楽しんで」と来館を呼び掛けた。

 同公園は約九十一ヘクタールの国有林。明治時代に造林樹種の研究のための試験地として設定され、外国種約四十種、国内種二十数種が植林された。昭和になって森林公園として整備され、現在は市が維持管理している。市によると、園内には百年超の樹種が林立し、鳥獣史料館には国内最多種の鳥類標本が展示されている。

 問い合わせは同公園=電027(395)3026=へ。 (樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報