東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

刀に「アメイジング」 太田にホームステイ 米カリフォルニア州の高校生ら

真剣を手に目を輝かせる米国の女子高生=太田市で

写真

 太田市は国際姉妹都市の米国カリフォルニア州バーバンク市内の高校生ら14人を受け入れ各地を案内した。10日に来日した一行は23日に帰国するまでホームステイ。市内の高校見学や「おおた夏まつり」への参加のほか、東京都内や栃木県の日光東照宮などを訪れ日本文化に触れた。

 日本刀に特化した太田市大隅俊平美術館も見学。興味津々の様子で通訳者の一言一句に耳を傾けていた。展示された「大太刀(おおたち)」について「何人で作るのか」「プロセスは、期間は」などと積極的に質問。職員が分かりやすく丁寧に答えていた。

 また全員が交代で日本刀を手にした。初めて手にする真剣はずしりと感じる1.4キログラム。刀を見つめ「アメイジング(すごい)」と声をあげる生徒も。仲間が写真に撮ろうとするとぎこちなくポーズを決めていた。 (粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】