東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

西日本豪雨被災地へ県社協が職員を派遣 きょうから

 西日本豪雨の被害を受け、県社会福祉協議会は二十六日から、広島県内の被災地へ応援職員を派遣する。

 被災地の社協から応援要請を受けた全国社協が調整し、関東甲信越静ブロックの災害時支援協定に基づいて現地へ向かう。

 支援は、二十六日から八月十日の間、県社協と桐生、太田両市の社協職員計六人を三回に分け計十二日間、広島市社協の緊急資金特例貸し付け業務にあてる。これとは別に八月八〜十四日には、県内の社協職員計六人が広島市と広島県呉市の災害ボランティアセンターで運営支援業務を行う。(石井宏昌) 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報