東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

県内出土 群馬HANI−1グランプリ  埴輪100体人気投票

はにわんグランプリのポスターと参加する埴輪のレプリカを前に投票を呼び掛ける県職員=県庁で

写真

 質、量とも全国屈指の「埴輪(はにわ)大国」群馬をPRしようと、県などは県内から出土した埴輪の人気投票「群馬HANI−1(はにわん)グランプリ」を開催している。古墳時代を中心に関東で栄えた「東国文化」に関心を持ってもらい、県のイメージアップや観光誘客につなげようと初めて企画した。人気一位の埴輪をセンターに上位十体が歌って踊るオリジナル動画も制作し、子どもや若者など幅広い世代に魅力をアピールする。 (石井宏昌)

 グランプリにエントリーしている埴輪は人物埴輪、動物埴輪、武器などをかたどった器財埴輪、家形埴輪、円筒埴輪の五分類で、いずれも個性的な計百体。市町村に推薦してもらった十五市町村の百四十六体から、専門家が特徴や類似性、歴史的価値などを考慮して選んだ。

 百体の写真や出土場所、年代など「プロフィル」を掲載した専用ホームページ(HP)とパンフレットも作り、自治体職員が考えたエントリー名や紹介文を掲載した。

 「リア充男子」の名で参加した埴輪は「高貴なおさげ髪男子。一緒に出土した女子埴輪といつも並んで展示」。人面が付く円筒埴輪は「切れ長のまなざし」から「塩顔埴輪」でエントリー。三人の女子が並ぶ「三人童女」は「古墳時代の『かしまし娘』」と添えるなどユーモアあふれる名や紹介も楽しめる。

 投票は九月十七日まで。結果は十月十四日に藤岡市の藤岡歴史館などで開かれる「群馬古墳フェスタ2018」で発表する。上位の埴輪のイラストがオリジナルソングに合わせて歌って踊る動画も同時公開する。

 県東国文化推進室の担当者は「投票を機に、作風豊かで質、量とも優れた群馬の埴輪に興味を持ってもらい、実際に出合いに来てほしい」と話す。

 投票は専用HP= https://haniwan.com=やはがきのほか、県立歴史博物館(高崎市)に投票箱を設けた。投票券付きのパンフレットも県内の全小中学生、歴史系の博物館、道の駅などに配布した。投票者には抽選で三百人に賞品が贈られる。

 県によると、県内は一万三千基を超える古墳が造られたとされ、埴輪で唯一の国宝「武装男子立像」(太田市出土)をはじめ、全国の国宝・国重要文化財に指定されている埴輪の約45%が出土している。

 問い合わせは県文化振興課東国文化推進室=電027(226)2525=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報