東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<夏の甲子園>前橋育英 はつらつ行進 あす近大付と初戦

開会式で行進する前橋育英ナイン=甲子園球場で

写真

 兵庫県西宮市の甲子園球場で5日に開幕した第100回全国高校野球選手権記念大会。開会式で県代表の前橋育英は北原翔主将(3年)を先頭に胸を張って堂々と入場した。

 3年連続4度目となる夏の甲子園。初出場で初優勝した2013年以来、5年ぶりの全国制覇を目指すナインは、緊張した表情をうかべながらもはつらつと行進し、夢のグラウンドを踏みしめた。

 前橋育英は大会第3日の7日第3試合で、10年ぶり5回目の出場を果たした近大付(南大阪)と初戦を迎える予定。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報