東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

写真家・伊勢崎の菊池さん×木彫作家・邑楽の扇谷さん 桐生で二人展

作品を前にする菊池雄介さん(左)と扇谷あすかさん=桐生市で

写真

 伊勢崎市の写真家菊池雄介さん(32)と、邑楽町の木彫作家扇谷あすかさん(27)の二人展「ある日のできごと」が、桐生市本町三のパンセギャラリーで開かれている。入場無料で、二十五日まで。

 菊池さんと扇谷さんが、共通の知人二人と海に訪れた際の印象を表現した九作品を展示している。

 菊池さんの作品はネガフィルムを使った写真。波打ち際の光景を切り取った。「初めて四人が遊んだ特別な体験をイメージした。鑑賞した人が特別な日を思い起こすきっかけになれば」と制作の意図を説明した。

 扇谷さんの作品は、四人がそれぞれ拾った石をモデルに、木彫りとして作った。滑らかな形やでこぼことした形があり、四人のイメージに重ね合わせたという。「四人が今後、どんなつながりになるか、ワクワクしながら制作した」と話していた。

 観覧時間は正午〜午後七時。期間中無休。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報