東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

体操着の裾を出そう 熱中症対策 前橋市の教諭がサーモグラフィー実験

裾出しの生徒は青い部分が多く涼しいことが分かる(富田尚道教諭提供)

写真

 「体操着のシャツの裾は出した方が涼しい」。前橋市内の中学校で理科を教える富田尚道教諭(61)がサーモグラフィーを使った実験でこんな結果を導き出した。中学校の現場ではシャツの裾入れの指導がされているが、富田教諭は「熱中症対策として検討してほしい」と呼びかけている。

 実験は今年六〜七月にかけて実施された。四人の生徒のうち二人はシャツの裾を入れた状態(イン)、二人は出した状態(アウト)で運動し、運動後にサーモグラフィーで体温を測定。二分後に体温を比較すると、アウトの生徒の体温は二九〜三〇度とインの生徒よりも四度ほど低くなった。

 富田教諭は今月、高崎市で開かれた科学教育研究協議会の全国研究大会で裾出し実験の結果を発表。全国から集まった理科教諭から大きな反響があった。実験の結果について説明した動画は、動画投稿サイトユーチューブで視聴できる。

 日本中学校体育連盟では大会のルールとしてシャツの裾入れを明文化している競技もあるという。また学校の現場でも安全面を考慮するほか、生活指導の基本として「裾入れ」の指導がされている。

 今年の夏は、気象庁が「災害」と指摘するほどの猛暑が続いており、富田教諭は「命を守るための一つの選択肢として、学校現場で臨機応変に対応してもらえれば」と期待している。 (市川勘太郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報