東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

ニセ電話詐欺 未然防止機能付き電話機 前橋市が購入補助へ

 前橋市は、ニセ電話詐欺を未然に防止する機能が付いた電話機の購入費用の半額、最大五千円まで補助する事業を始める。県警によると、こうした事業は県内の自治体で初めて。九月補正予算案に約百台分の計五十万円を盛り込み、同月四日に開会する市議会定例会に提案し、十月にも開始する予定。

 市によると、未然防止の機能は、電話の呼び出し音が鳴る前にかけている側に「この電話は犯罪被害防止のため自動録音されます」などと警告のアナウンスを流すタイプが主流。身内や知人などの電話番号を事前に登録すると、その番号では警告は流れないようにできる。犯行グループがかけた場合、通話する前に電話を切る効果が期待できる。こうした電話機は数種類あり、価格帯は詐欺の未然防止以外の機能によって数千円から数万円までという。

 補助は家族全員が六十五歳以上なのが条件。購入前に市に事業の利用を希望する旨の予約を入れ、購入後に領収書、身分証明書の写し、設置した電話機の写真などを添付した申請書を提出してもらう見込み。

 問い合わせは市消費生活センター=電027(230)1755=へ。 (菅原洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報