東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

谷川岳、天空へ誘う 夜間ロープウエー 来月まで特別運行

谷川岳から望む星空(みなかみ町観光協会提供)

写真

 みなかみ町観光協会は今月と10月の金曜と土曜を中心に、谷川岳ロープウエーを夜間に特別運行する「天空のナイトクルージング」を始めた。金、土曜のほか9月16日と23日、10月7日の日曜も実施する。

 同ロープウエーは土合口駅(標高約750メートル)と天神平駅(同約1300メートル)の約2.3キロを結ぶ。晴れた日には、周囲を谷川連峰に囲まれて街の明かりが遮られた高地から星を鑑賞できる。

 夜間運行日には、山頂のゲストハウス「ビューテラスてんじん」で「みなかみ星空クラブ」による星に関するトークや利根商業高校吹奏楽部の演奏会、地元の民話紙芝居などのイベントを日替わりで開催。リンゴや地ビールなどの名産品も販売して、天気の悪い日に来た観光客も楽しめるように工夫した。

 町観光協会は2010年秋から「谷川岳天神平星の鑑賞会」として夜間運行イベントを開始。昨年の春に室内イベントを充実させて「天空のナイトクルージング」にリニューアルした。

 参加費(ロープウエー往復代金を含む)は大人2500円、小学生1300円、未就学児は無料。問い合わせは町観光協会=電0278(62)0401=へ。 (渡辺隆治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報