東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

「百貨市」で生徒が模擬会社経営 市立太田高

百貨市でソーセージを販売する生徒=太田市立太田高校で

写真

 太田市の市立太田高校で生徒が企画、販売、仕入れなどを行う「百貨市」が6、7日に開かれた。

 百貨市は生徒と職員が模擬株式会社を設立し、生徒が企画から広告、仕入れ、販売、決算までを体験することで社会適応力を身に付けてもらおうと企画された。今回で22回目。

 商品は米や寝具、ヤマトイモ、野菜など。各売り場では生徒たちが声をからして商品をアピールしていた。ともに同校3年生で「代表取締役社長」の本城谷春実(ほんじょうやかすみ)さん(17)と「副社長」の川口直輝さん(18)は「無事に終わって良かった、この経験を実社会で役立てたい」と笑顔で話した。 (粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報