東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

ハロウィーン楽しもう 高崎の学生ら企画・運営で20日に催し

ポスターを手にPRする実行委の高橋直也委員長(中)らスタッフ=高崎市で

写真

 高崎市内の大学生や専門学校生が中心になって企画、運営する「たかさきハロウィン2018」が二十日午後二〜七時、JR高崎駅西口ペデストリアンデッキや中心市街地を会場に開かれる。「若者の力で中心街ににぎわい創出しよう」と今年で二回目。学生による実行委員会は「街中をもっと楽しんでほしい」と参加を呼び掛けている。

 メイン会場となる駅西口ペデストリアンデッキの特設ステージでは仮装コンテストを開催。子どもからお年寄りまで参加できる一般部門に加え、市内在住・在学の大学生らを対象にミス・ミスター部門を設け、投票でグランプリを決める。

 ネイルアート・フェースペイント(午後二〜四時、一本または一カ所各百円)もあり、ハロウィーンをイメージしたネイルやメイクで気分を盛り上げる。街角や飲食店前には「インスタ映え」するフォトスポットを設け、市街地の魅力を発信してもらう。

 小学生以下を対象に塗り絵やミニゲームでお菓子をもらえる子ども向けコーナーや、お菓子をプレゼントするスタンプラリーも行う。

 高崎経済大学四年の高橋直也実行委員長は「誰でも気軽にハロウィーン気分を味わえるように心掛けたので、ぜひ参加してほしい」と話した。

 問い合わせは実行委事務局(市商工振興課内)=電027(321)1256=へ。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報