東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

資料160点が語る館林の明治維新 館林市第一資料館で企画展

西南戦争で使われた鉄砲=館林市で

写真

 明治維新を中心とした館林の歴史に注目した企画展「激動の時代を生き抜いた人びと〜館林の明治維新」が、館林市第一資料館(城町)で開かれている。九日まで。三日は休館。入場無料。

 西南戦争(一八七七年)で使われた鉄砲や、館林藩士・村山家に伝わる西郷隆盛直筆の書、日清製粉の前身の館林製粉の創業者正田貞一郎が使った革製かばんなど、郷土にまつわる貴重な資料百六十点が集められている。問い合わせは市教委文化振興課=電0276(74)4111=へ。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報