東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

住民が彩るイルミにほっこり わ鉄・桐生−間藤の全17駅

写真

 わたらせ渓谷鉄道(わ鉄)の桐生−間藤(まとう)の全十七駅で、地元住民らが飾り付けたイルミネーションが色とりどりにともっている。二月末まで。

 毎年恒例の行事で、沿線の住民や企業などでつくる実行委員会が飾り付けた。みどり市の花輪駅では、赤や白、青色の発光ダイオード(LED)で飾り付けた駅舎や木々が浮かび上がっていた=写真。

 桐生行きの上り便では、駅に到着するたび車内を消灯。乗客は暗い中でイルミネーションを観賞できる。

 十七駅合わせて五十万球ものLEDを使った。樺沢豊社長は「地元を盛り上げるために皆さんが飾ってくれた。温かな気持ちになるイルミネーションを楽しんでほしい」と話していた。

 点灯は毎日午後五時から最終列車の通過まで。(池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報