東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

「タクシー車内で会話 もしや」 運転手、ニセ電話詐欺防ぐ

感謝状を贈られる坂本達一さん(左)=安中市で

写真

 安中署は、ニセ電話詐欺による高齢者の被害を未然に防いだとして安中市内のタクシー運転手坂本達一さん(69)に感謝状を贈った。

 同署によると、先月二十五日、市内の高齢女性(89)に孫を名乗る男から「書類を送るのが遅くなり二百万円が必要、本庄駅南口まで持ってきてほしい」との電話があり、女性は坂本さんのタクシーで駅に向かった。女性が同駅で男に電話をかけると、JR倉賀野駅を指定されたことから、坂本さんが交番に通報した。

 女性は月二回、病院への通院のため坂本さんのタクシーを利用していた。坂本さんは「本庄駅と言われたのでおかしいと思った」と振り返る。さらに「孫に会いに行く、夫には内緒」と言われ詐欺だと思ったという。

 同署の須田春治署長から感謝状を受け取った坂本さんは「良いことができた。今後も車内での会話に注意していきたい」と話した。 (樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報