黒田杏子といとうせいこうが選ぶ「平和の俳句」 作品募集

トップ > 平和の俳句 > 入選作品一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

入選作品

真夜中に悲鳴を上げる父がいた

2015年12月11日

 小林礼子(れいこ)(70) 千葉県柏市

 <いとうせいこう>中国へ兵隊として行った父が、何度か夢の途中に悲鳴を上げたという。作者は理由を聞けなかった。悲鳴の残響のような一句です。

 
インターネットでの投稿はこちらから