黒田杏子といとうせいこうが選ぶ「平和の俳句」 作品募集

トップ > 平和の俳句 > 入選作品一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

入選作品

冬枯れの中の命や蕗(ふき)の薹(とう)

2016年3月2日

 高橋いく子(89) 浜松市中区

 <金子兜太>早春、蕗の花芽が地中から顔を出す。命だ。ほろ苦い平和の味。

 <いとうせいこう>まだ見えない生命を尊び、慈しむことのできる我ら人間。

 <黛まどか>枯れと芽吹きは表裏一体。野全体がひとつの命にある。

 
インターネットでの投稿はこちらから